About

ローンについて

永住権が持ちなしでも

ローンできる銀行

在日で住宅ローンの流れ

ローンは個人条件により大きいな条件になってますので、審査する際も厳しいです。なので銀行の方はまず物件の価値性を確認し、審査合格したあとは金貸しすることができます。金額は本人の条件により異なります。普通は利率は2.5%左右、ローンできる率は50%〜60%になります。

 

Point1

事前にローンの

審査します

お客さんが物件申請書を提出する時に、審査を予約するために、借り銀行の方と相談が必要になります。
*提出必要な書類:パスポート、運転免許、最近の健康診断書、源泉徴収票。
銀行で審査する費用は1.5〜2万円左右になります。

 
 

Point2

正式ローンの

申請に関する

不動産売買契約したあと、審査が通したら、融資で全額で払う場合、正式なローン申請提出が必要になります。中には手続きがおおいので時間がかかります。平均2ヶ月ぐらいがかかります。
*不動産売買契約する時、もしローンの審査が通れなかったら前金の10%が違約金になります。

 
 
 

Point3

ローンの書類を

サインに関して、

計算日を予約します

審査が合格する場合、日本語のローン書類をサインするのが必要になります。日本では、貸借同意書や貸借担保(銀行は不動産屋を貸借引き当ての権利が持ちます)普通に一つの契約書で載せてます。貸借利息はお客様がお金もらってから計算が始まります。最後には売り手と結算します。